アロマテラピーと感染症の予防について詳しく説明します。

◆感染症の予防とアロマテラピー◆

毎年年末へ向けて「今年の風邪は○○の症状で・・・」とニュースになりますね。
また、インフルエンザが流行しだしたり、他の感染症が流行すると、敏感になってくるものです。
そんな時にも、アロマテラピーが予防医学として大いに役立ちます。
ただの芳香療法でしょう?と思う人もいると思いますが、これらの知識は私たちの生活を豊かに、健康に変えてくれることでしょう。

☆感染症と微生物の関係性☆

感染症とは、微生物の感染によって起きる病気の事です。風邪やインフルエンザは感染症です。

この感染症は、細菌や真菌、ウイルスなどが原因で引き起こされます。
細菌と聞いてもイメージはなんとなくできても、具体的にはわかりませんね。
これらの違いは一体なにか、簡単に分けてみましょう。

1.細菌:自分で栄養物を取り入れて増える単細胞(ブドウ球菌、大腸菌、赤痢菌、コレラ菌、インフルエンザ菌など)

2.真菌:先端を伸ばして分岐し、成長する糸状菌など(白癬菌、ペニシリウムなど)

3.ウイルス:自分で増えることは出来ない。生きた細胞に寄生して生きる(単純ヘルペス、コロナウイルス、インフルエンザウイルスなど)

これらの細菌や真菌、ウイルスの感染は主に3つに分けることができます。
1・経口感染:文字の通り口からの感染です。病原微生物に汚染された飲み物や食事から感染します。
海外旅行で飲料水に気を付けるように言われるのは、中には赤痢菌やコレラ菌に感染する可能性があるからです。

2・経気道感染:感染している人の咳、痰、病原微生物のついたほこりなどからの感染。ライノウイルスなど、風邪の原因菌が知られています。
うがいや鼻腔内の洗浄が有効的と言われています。

3・経皮・粘膜感染:患者がもっている菌が間接的、直接的に皮膚や粘膜を通して侵入し、感染します。
ブドウ球菌などの食中毒菌がこれにあたります。食事前に手を洗うのはこれらに感染しないためです。

☆これからの季節に使える、感染症を抑制することのできる精油とは☆

秋に入り、乾燥してくる季節には、そろそろインフルエンザが流行るかな、と危惧する人もいますね。
風邪は普通感冒といい、インフルエンザは流行性感冒と言います。
これらの違いは、インフルエンザがインフルエンザウイルスからの感染で、感染力が強いこと、また全身症状も強いことです。
他の風邪と呼ばれるものは、アデノウイルスやライノウイルス、コロナウイルスなどが原因の感染で、感染力は弱く、鼻水やくしゃみ、微熱などの症状で比較的に全身症状は弱いです。

今はRSウイルスが取りざたされていますが、検査がよりしやすくなり、診断名としてつけられることが増えたので RSウイルスが流行している、と思っている部分がありますが、以前から風邪の一種としてあったものです。

これらの風邪やインフルエンザの感染症に対して「微生物に有効に効く」精油を使用することで、原因となる菌やウイルスを抑制することができます。


●治療特性として、抗菌作用・抗真菌作用・抗ウイルス作用のある精油

・オレガノ
・シナモンカッシア
・ティーツリー
・ユーカリレモン
・ローズウッド

などが挙げられます。

●呼吸器系に有効な去痰作用・粘液溶解作用・抗カタル作用のある精油

・ユーカリラディアタ
・サイプレス
・ラベンサラ
・ローズマリー

などが挙げられます。

●予防として免疫系に有効的な免疫刺激作用・免疫調整作用のある精油

・ラベンサラ
・ティーツリー
・パルマローザ

などが挙げられます。

アロマテラピーをリラクゼーションと捉えていると、このような身体的な効果効能は意外なものに感じますね。
まさか抗菌作用や抗ウイルス作用があるとは、と驚かれた人もいると思います。
子供の頃、風邪をひいて鼻が詰まった時にベポラップを使ったことがある人もいると思いますが
あのようなスーッとした香りを持つ精油が、抗菌作用や抗ウイルス作用を持っている事が多いです。
ユーカリや、ティーツリーは特に鼻の通りをよくしてくれるような香りを持っています。

これらの精油を持っている場合は、ティッシュやハンカチに数滴ほど垂らして香りを嗅ぐだけでも「吸入」という形で効果が期待できます。
また、抗菌、抗真菌、抗ウイルス作用のある精油と、免疫刺激作用のある精油をブレンドし、風邪の流行っている季節には 部屋に芳香として香りを拡散させることで、予防としても役立てることができます。


☆アロマテラピーを予防医学として使うかどうかはその人次第☆

日本ではまだまだリラクゼーションの域から脱しないため、これらの効果があることを知っている人は少ないかもしれません。
芳香成分は非常に多く、微生物に対しての効果も期待されています。
病気にかかってられないな、と年末に忙しい人もいることでしょう。
アロマテラピーを有効的に使ってみるのはいかがでしょうか。
香りの良さで楽しみつつ、体も健康にしてくれるのならとても嬉しいですね。
寒い冬、元気に過ごせるようアロマを取り入れてみてください。

↑ PAGE TOP